esportsってなんだろう

sangame

初めまして
「さんげーむさん」という名前で活動しています。

自分の中で「esports」という言葉がずっと違和感だったので
ここに思ってきたことをまとめていきます。

本文中に出てくる”ゲーム”はデジタルゲームを略して書いています。

esportsとは何か

electoronic sports(エレクトロニックスポーツ)の略称。
では、 electoronic sports とはどんなものを指すのかといいいますと…
実は誰も答えられないんですよね。

あくまで、広義的な意味合いしかない上に、国によって考え方が異なる為です。
ここについては本文中に結論が出ますので、今はとりあえず「デジタルな分野での”スポーツ”」
として捉えておいてください。

eportsってスポーツなの?

よくesportsがスポーツな訳ないだろって言われるのですが
正直なところ、私としては「どっちでもいいし下らんなぁ」って思ってます。

結論を先に述べますと、私の見解ではesportsはスポーツに含まれます。
理由としてはスポーツの定義にあります。

スポーツとは、一定のルールに則って勝敗を競ったり、楽しみを求めたりする身体運動のことである。

(※)wiki引用  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84

身体を少しでも動かしていれば、身体運動に当たるのでスポーツになると思います。
そんな訳ないだろうって思う方は、マインドスポーツに対しても疑問を投じなければいけません。
私の考えとしてはesportsはスポーツに含まれ、マインドスポーツとの違いはデジタルであるかないか。

esportsって結局何を指すんだよ!

皆さんがこの記事を読んでいて一番の疑問であろう「esportsって結局何?」にお答えます。

Q1.esportsってゲーム大会のこと?

ニアリーイコールといったとこですね。
例えば、野球自体はスポーツですが、野球の大会のことをスポーツとは呼びませんよね。
野球の大会はあくまで「スポーツ大会」ですから。
だから、私の考えとしてはesportsの大会は「esports大会」です。
esportsをしているわけですからあながち間違いではないかと思います。

Q2.esportsの大会に含まれるゲーム大会ってどんな大会?

上記の文を読んで頂けたらわかるかと思いますが、 そもそも大会とは競い合うものなので、
全てのゲーム大会がesportsの大会の枠組みの中に入ると言えます。

Q3.esportsに含まれるゲームはなんですか?

全てのゲームがesportsに含まれると思っています。
「このゲームはesportsじゃないでしょ」という声が聞こえてくるのですが、
競い合うルール策定をして、競い合えばそれは「esports」になります。
逆にesportsじゃないと思う理由を聞くと大抵答えられないことが大半で、
一番酷い返答が「運が絡むから」、「運でしか勝てないゲームだから」です。
何事もそうですがスポーツやマインドスポーツにも当然、運は絡んできます。
運が絡むからという理由で省くのは筋が通っていません。

「カードゲームはesportsじゃない」と批判される時に、
大抵この言葉が使われるのですが、「運の割合が大きいだけ」で、
「限られたカードの中からどういったプレイングをするのか」というテクニックが求められます。
なので、カードゲームはesportsに含まれるというのが私の見解です。

もし、運でしか勝てないゲームがあるとしたら、競い合う部分がないということなので、
確かにそのゲームはesportsには含まれないかもしれませんね。

ということで、esportsに含まれないゲームを考えていきましょう。
「一つのボタンだけが用意されており、そのボタンを押したらランダムで勝敗が決まる」
みたいなゲームだとesportsとはいえないでしょうね。
このゲームの大会を開くと仮定し、「ボタンを初めて押してから勝った回数が10回に達するまでのタイムを競う。」
というルールを策定した場合、私の認識ではesportsになりえるからです。運の大小は上記の通り関係ありません。
そして、一見競技性が無いように見えますが、実はあるんです。
このゲームで言うと“ボタンを一回押すまでの速度”が競技性に当たる認識です。

クソみたいな例え話ですが、競技性があるかないかについては判定しづらいというより、
競技性をもたらすように策定出来るので全てのゲームがesportsに含まれます。

Q4.普段からしているゲームはesports?

上記の内容から「競いあう」ことや
「楽しみを求めたりする身体運動」等をするゲームであればesportsであるといえます。
私の認識ではほぼ全てのゲームがesportsの対象であり、
その対象で遊んでいればesportsしていると言って間違いないかと思います。

最後に

「esportsは競いあうものだから普通のゲームは入らねぇんだよ!」 等、
下らないコメントが来そうなので先に書いておきますね。

スポーツの枠組みにesportsがある前提でこの記事は書いています。
大集合がスポーツにあたり、その中の小集合がesportsにあたるので、
スポーツの定義から外れてしまうことになるのでその話はおかしな話です。

例えば、ジョギングしてる人を見てスポーツしていると思いますか?
スポーツしてると言って間違いないと感じるはずです。
ただ、そのジョギングしてる人はマラソン大会等には参加していません。
それでも皆さんはスポーツをしていると感じるはずです。

これをesportsに置き換えて話すと普段からゲームしてる人をesportsをしていると感じるかって話です。
僕の認識ではesportsしていると言って間違いないと思います。
esportsは私たちの日常の中では新しい単語ゆえに違和感が生まれているだけかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA